熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川1815
 

【 営業しています 】

熊本の宿泊が半額になる、
ふっこう割・熊本宿泊券第2弾 」が、
9月9日から「VISIT熊本」サイトで発売開始となります。
この機会にぜひご利用ください。

現在、当宿へのアクセス経路は迂回路となっています。
前もってチェックをお願いいたします。

南阿蘇へのアクセスPDF(観光協会提供)minamiaso_map_20160524_web

13765676_1044712918947089_1307513406371057685_o阿蘇へのアクセス(道の駅阿蘇提供)

 

お問い合わせは下記までお願いいたします。

電話 0967-62-3010
(または070-2635-6453)
メールアドレス noa1@minami-aso.jp
最新情報はツイッター / Facebookで発信しています。

南阿蘇日記

ピザづくり

ピザを焼いてみました。

DSC01587 (1)0003

ピザは粉とイーストで風味が全然変わるので、
何を使うかは大変重要です。

今回、熊本製粉さんの粉と生イーストを使って焼いてみましたが、
しっかり小麦粉の風味が感じられましたよ。
生イーストは運良く近くのスーパーで売ってます。

この組み合わせが定番になりそうな予感です。
膨らみもいい感じです。

DSC01595 (1)0003

ピザオーブンはペレット式のUUNI2を使ってますが、
いい仕事をしますね。
以前は底面の焼き具合に不満があったんですが、
前扉の奥にフィンをつけて、底板の下にピザプレートを入れたら、
安定した綺麗な焼き加減で焼けるようになりました。

DSC01600 (1)0003

DSC01339 (1)0003

今売ってる製品の型番はUUNI2Sで、私の持ってるものの改良版みたいですが、
多分旧型のほうがうまく焼けるのではないかと思います。
ネットで調べても、新型は焼き方が難しいという意見がみられます。
ただ、ペレットを入れる部分は新型のほうがいいですね。

ペレットは小国産の材木をつかったホワイトペレットを使用。
ほのかに木の香りがピザにつきます。

DSC01541 (1)0003

UUNI2を使ったピザ焼き体験も始めますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

南阿蘇日記

別れの時

昨日の早朝、猫のクー太朗が息をひき取りました。

1週間ほど居なくなっていて、3日ほど前に戻ってきたんですが、
食事が取れずに息絶えてしまいました。

戻ってきてからの3日間、
いままで居たところをちょっとづつ回って、
まるで別れを告げに戻ってきたかのようでした。
最後は人目を避けるように、部屋の隅でひっそり亡くなっていました。

命あるものには必ず、分かれの時があります。
いつまでも、そこにいてくれると思っていても、やっぱりその時は来るんですね。

いままで、くーちゃんを可愛がって頂いた皆様方、
本当にありがとうございます。
人が大好きで誰にでも懐いた彼は、
生まれ変わってまた多くの人を癒してくれると思います。

DSC07680 (1)0003

 

 

 

南阿蘇日記

夏の入り口

今日、阿蘇谷に雲海が出たみたいですね。
初夏の雲海は本当にさわやかで気持ちよくて、大好きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(2005年撮影)

夏の初めの連休で、阿蘇にも活気が戻ってきています。
当宿にもボランティアの方、復興関連の方、そして観光の方も、
来ていただいています。

6月末より降り続いた雨も落ち着いて、晴れマークが並んでいます。
このまま梅雨明け・・・かな?

DSC09910 (1)0003

本震から3か月以上たちました。
大規模崩落の場所や、住居など、まだまだこれからという場所もたくさんありますが、
地震後、水害後に感嘆させられるたものの一つが、その道路の復旧力です。
土砂崩れで封鎖されていた道路が、みるみる通れるようになっている。
その陰でいろんな方の努力があると思うと、頭が下がります。

阿蘇大橋や57号の開通は数年かかるということですが、
その他の補完ルートでの工事も本格化してきていますので、
案外早期にアクセスが楽になっていくのではないかと期待しています。
これからも日本の力を信じていきたいと思います。

南阿蘇鉄道は現在全線運休中です。
運行再開に向けての動きは聞いていますが、時期は未定のようです。
田園を走る長閑な路線です。
なんとか復興のシンボルとしても早期の再開を願っています。
天気のいい日の週末などは、車両を開放してるようですよ。

DSC089720003

DSC03792_stitch (1)0004 (2)
(2014年撮影)

めまぐるしく変わる日常です。
猫のサクラが死んでしまいました。
去年から体調が崩していて、
最近は多少持ち直してきていたのですが・・・。
午後に庭で倒れているのを見つけて頂いたんですが、
もう息はありませんでした。
でも体は暖かく、死後間もないのが分かりました。
臆病だけどお茶目で優しく、なんとも言えないかわいい声で鳴く猫でした。
書ききれない思い出がありますが、
猫や犬は1年くらいでまた生まれ変わってくると聞いています。
またどこかに生まれたら、いっぱい可愛がってもらってください。
10年以上一緒に暮らしてくれてありがとう。

DSC06035 (1) OLYMPUS DIGITAL CAMERA _DSC5389 (1)0005  _DSC5661 (1)0005 _DSC53560005 DSC07016 (1)0002 DSC08758 (1)0003 DSC026970003 DSC065750002